出向と派遣の違いを知りたい!給与や契約などどんな違いがあるのかを徹底解説!

就職先を探すときに派遣と出向という言葉はよく聞くけど、いったい何が違うのかはよくわからないという人もいるのではないでしょうか。この二つの雇用形態は非常によく似ているものの、明確な違いがあります。労働契約を結ぶ相手自体が違いますし、給与の支払先や在籍期間なども違ってきます。大きな違いから細かな違いまでさまざまな違いがあるので、ぜひ知っておきましょう。またどちらにもメリットもあればデメリットもあるので、よく見比べて自分のライフスタイルに合わせた働き方をしてみてください。

読む時間の無い方へ
「顔合わせ」の前には派遣会社の担当者と流れの確認や質問の準備などをしておきましょう。
サポート体制が充実した派遣会社をお探しの方は、スタッフ満足度No.1の「ウィルオブ」がおすすめです!

派遣とはそもそもどんな仕事?

派遣の仕事というものは、具体的のどのような契約で成り立っていてどのような特徴があるのかをご存じでしょうか。派遣とは派遣元と派遣先が契約を結び、労働者が労働契約を結ぶのは派遣元のみになっています。派遣先企業へ就職するわけではなく、労働契約を結ぶこともありません。また契約の時点で仕事をする期間が決まっているのも、大きな特徴であるといえるでしょう。

出向の仕事と種類とは

出向が派遣とは大きく違うのは、主にその目的です。人事交流や技術指導、職業能力の開発、経営などといった面が強く、通常はグループ会社などに出向するケースがほとんどです。つまり派遣のように、労働力を主目的としているわけではありません。

出向には2種類あり、一つは在籍出向でもう一つが転籍出向です。どちらも指揮命令権は出向先企業にありますが、細かな違いがあります。どのような労働形態なのかを、それぞれ詳しく見ていきましょう。

種類①在籍出向

在籍出向の場合は、勤めている企業にも契約が残っている状況でさらに出向先とも労働契約を結ぶという、いわゆる二重契約状態になるのが大きな特徴です。出向元と出向先の双方と労働契約を結ぶことになるため、契約内容によって給与の支払いや福利厚生、就業規則の適用などが違ってきます。出向期間は労働者本人の意思は関係なく、出向元と出向先の企業の合意で決められることになります。

種類②転籍出向

転籍出向の場合は、元の企業との労働契約は解消となってしまうのが大きな特徴です。そのため、出向先と契約をしても二重契約にはなりません。一種の転職とも言える状態になるために転籍出向は労働者の負担が多いので、会社が一方的に命令することはできません。転籍出向した場合には籍が元の会社から抜かれてしまうので、必ず元の会社に戻れるという保証がないのも大きな特徴であるといえるでしょう。そのため労働者側には拒否する権利がありますが、実際にはなかなか難しいかもしれません。

派遣と出向は何が違う?

そもそも派遣と出向という雇用形態は、どの部分が違うのでしょうか。似ている雇用形態であり、同じようなものだと勘違いされやすいのは実は派遣と在籍出向になります。転籍出向の場合は少々事情が異なり、全く違ってくるのでここで解説をしておきましょう。

転籍出向はその名の通り籍を移すということであり、平たく言うと転職のようなものです。もともとの会社との労働契約は解消されるので、はっきり言ってしまえば関係がなくなります。そのため、元の会社に戻れるという保証は全くありません。いつまで出向先へいればいいのかも決められていないことが多く、労働者の権利から給与の支払いなどもすべて出向先の会社のものに切り替わります。そのため転籍出向であるなら、派遣と勘違いされることはないでしょう。

派遣という形態と勘違いされやすいのは、在籍出向ですのでここではそちらと派遣の違いを見ていきましょう。

派遣と在籍出向の違い①労働契約

労働契約に関しての違いでいえば、派遣は派遣元の企業とのみ労働契約を結びます。派遣先の企業と仕事上契約を結ぶのは派遣元の企業であり、給与などは派遣先から派遣元へ支払われる金銭の中から出されます。給与だけでなく福利厚生など労働者に関する責任のすべては、派遣元が負うこととなります。

在籍出向の場合には、出向先の就労規則が適用されたり労働条件の変更をしたりできます。また、社会保険なども出向先で加入するのが、派遣との大きな違いといえるでしょう。派遣では雇用関係はあくまで派遣元とだけになりますが、在籍出向の場合には出向元と出向先のどちらとも雇用関係を結ぶことになるので、労働条件など契約内容をよく確認しておくことが大切です。

派遣と在籍出向の違い②在籍期間

派遣と出向では、在籍期間にも大きな違いがあります。派遣の場合は初めから在籍期間が決まっています。6か月や1年など、契約の時点で期間が盛り込まれているのが特徴で、契約の更新はできますが上限は3年と決められています。3年を超えて雇用したい場合には、派遣先の企業が直接雇用する必要があるのでずっと派遣で働きたいという人は注意しましょう。

派遣とは違って出向の場合には、特に期限は決められていません。長ければ10年という出向も珍しくはありませんが、理由もなく長期間の出向は注意が必要です。在籍出向なのに不当に長い期間出向させられているといった場合には、出向命令を無効にできる場合もあります。もしも出向期間に不審な点があったなら、在籍出向から転籍出向へと切り替えられている場合があるので、契約内容を確認しておくといいでしょう。

派遣と在籍出向の違い③給与支払い

給与の支払いは、派遣の場合には派遣元企業が行います。派遣元と派遣先で契約が結ばれているため、派遣先からの支払いは派遣元の企業へ行われます。そこから派遣元が労働者へ給与を支払う、という形になります。なぜなら労働者が契約を結んでいるのは、派遣元企業とだけだからです。

出向の場合は、転籍出向であれば出向先とだけの雇用契約になるため出向先が当然給与も支払います。しかし在籍出向の場合は二重契約となっているため、契約によって異なります。基本的には契約が締結される際、出向先と出向元で合意の上に決められることになるでしょう。ただし、出向元の企業が保険料や給与を全額支払ったとしても、その一部かもしくは全額を後から出向先が出向元へ支払うのが一般的です。

派遣と出向それぞれのメリットとデメリットを知ろう

派遣と出向には細かな違いあるため、一概にどちらの方がいいというわけではありません。それぞれにあるメリットとデメリットをきちんと理解したうえで、自分のライフスタイルに合った方を選ぶようにしましょう。どのようなメリットとデメリットがあるのかを詳しく解説するのでぜひ、参考にしてみてください。

派遣のメリットとは

派遣の大きなメリットは、自分のライフスタイルに合わせた働き方ができるという点です。派遣先が選べるということは就業時間や休日が選べるということであり、家庭の事情に応じて働くことができるでしょう。

また、いろいろな業界を体験できるので、自分の合った仕事を見つけることができます。通常の会社では仕事が合わないからといってすぐにやめることはできませんが、派遣であれば契約期間が終わったら更新せずに次の仕事に移ることができます。さらに未経験でも仕事を始めやすいのも、大きなメリットといえます。社員としてなら経験がなくてはいけない、という仕事も多くありますが派遣であればその限りではありません。派遣で経験を積んで正社員に、というパターンもあるでしょう。

派遣のデメリットとは

もちろん派遣という仕事はメリットだけでなく、デメリットもあります。派遣期間には上限があり、もっとこの会社で働きたいと思っても契約が必ず更新されるとは限りません。また、3年という上限があるため、直接雇用してもらえなければ、どんなにいい仕事でも辞めざるを得ないでしょう。せっかく合う仕事を見つけても続けることができないのは、残念なことです。

正社員とは違って責任ある仕事を任されることが少なく、特にキャリアアップを目指しているのであれば企業によっては仕事に物足りなさを覚えることもあります。何もスキルがなければ給与も上がらず低いままなのも、デメリットといえるでしょう。

出向のメリットとは

勤めている企業から別の企業に出向くことになる出向には、どのようなメリットがあるのでしょうか。出向するということは今までとは違った仕事をするチャンスだということでもあり、自分自身の成長が期待できます。

またこれまでにない人間関係の中で、新たな出会いや人脈作りもできるでしょう。出向理由や形態によっては元の会社に戻ることができ、その場合は管理職につけることがあります。経験を積むため、という理由で出向を命じる企業もあるからです。

出向のデメリットとは

当然メリットだけではなく、いくつかのデメリットもあります。出向するということは新たな業務を覚えなくてはならないということで、一から始めなくてはならない場合もあるでしょう。今までしてきたことと正反対の業務である場合などは、覚えるのにも時間がかかることもあり、デメリットと感じるかもしれません。

また、これまでとは働き方自体が変わることもあります。人間関係や職場の状況、場合によっては住む町など、これまでとは違った新しい環境になじむための努力が必要となるでしょう。環境や働き方が変わるのがデメリットというわけではありませんが、環境の変化が苦手という人にはデメリットに感じるかもしれません。

まとめ

派遣や出向など、さまざまな雇用形態がある中で自分に合った働き方を見つけるのはなかなか難しいものです。とはいえ、一度選んだらもう取り返しがつかないというわけでもないので、いろいろ試してみるのもいいのではないでしょうか。一概にどの雇用形態がいいというわけではなく、家庭の事情やキャリア形成など自分のライフスタイルに合った方法を選ぶようにしましょう。

それぞれのメリットやデメリットをしっかりと理解しておくことで、より働きやすい形を見つけられるのではないでしょうか。この記事を参考に、ぜひ自分のスタイルを確立してみてください。

▼関連記事
派遣会社をお探しの方は、「【2021年版】派遣会社おすすめランキング!選び方や登録の流れも徹底解説!」で詳細に解説していますので、ぜひそちらも参考にしてください!