派遣を更新しない時はどうすればいいの?断る理由の例なども紹介!

派遣の仕事に興味があるもしくは今実際にしているという人の中には、派遣を更新したくないときにどうすれば良いのかわからないという人もいるのではないでしょうか。

結論、更新しない時は派遣会社の担当者に言えば対応してもらえます。この記事では、派遣の更新をしなくていいものなのか、また更新を断るための理由なども詳しく解説していきます。

読む時間の無い方へ
派遣会社は複数の大手に登録するのがおすすめです。
特に、求人数が多くサポート体制や福利厚生が充実している「ウィルオブ」には登録しておきましょう!

派遣の契約更新とはどんなもの?

派遣の契約更新自体は、派遣会社と派遣先企業の話し合いによって行われます。とはいえその話し合いの前には、派遣会社から派遣社員へのどうしたいのかという確認が必ず入ります。どちらともが契約を更新したいと考えなくては、更新することはありません。

もちろん労働者の意見を無視して、派遣会社が勝手に話を進めることもありません。派遣の契約更新はしなくてもよいものなのかどうかを、詳しく解説していきます。

派遣契約更新の流れ

派遣契約更新は、どのような流れで行われるのでしょうか。契約の更新は、派遣社員が行うものではありません。派遣会社の営業担当スタッフによって行われるのが、一般的です。派遣契約終了の数か月から一か月前までの間に派遣社員へ契約を続けるか、それとも終了した以下の確認が入ります。

その後派遣先企業にも確認が入り、双方の合意の上で派遣契約の更新化修了かを話し合う場が設けられるでしょう。更新の打診があったときに、今後も同じ仕事を続けたいのであれば営業担当スタッフがそのことを派遣先企業に伝え、再契約を締結します。

自動更新はできない

例えば1か月ごとの契約や3か月ごとの契約など、更新が面倒だから自動でいいのではと思う人もいるかもしれません。しかし、自動で更新してしまうと、今回はやめたいけどいつ伝えればいいのかわからない、やめることができないといった事態にも陥ってしまうかもしれません。

結局のところ、有機で仕事を始めたはずなのに、無期と同じことになってしまいます。それでは派遣であると認めることができなくなってしまうので、自動更新は法律上禁止されています。

初めての更新も断れる

派遣社員はあくまでも期限付きの労働であるために、初めてか否かは関係がなく更新時に断ることもできます。初めての更新だからと言って断ることができないのでは、期限を付けている意味がないでしょう。続けて同じ職場で働きたくないのであれば、基本的には更新日より一か月以上前に派遣会社に担当である営業に伝えてください。ただし契約期間が一か月しかない場合には、更新しないことを伝えるのは二週間前でも構いません。

また、契約更新をしたくない場合には、できるだけ穏便にやめられるように派遣先企業が納得できる断り方をしてください。

更新しない時の対応は?

契約を更新しないと決めたとして、そういった時はどうすればいいのかと悩んでいる人も少なくないでしょう。ここでは、契約更新をしたくない時にどうすればいいのかを詳しくお伝えしていきます。

肝心なのはタイミング

伝えるタイミングが、契約の更新をしない時には一番のポイントです。例えば契約満了の直前に更新しないことを伝えても、派遣先企業としても困ってしまいます。なぜならすでに更新する予定でいるかもしれないからです。そのため、基本的には契約満了に一か月前までに伝えるようにしてください。

とはいえ、派遣会社の営業担当スタッフが約一か月前にはどうしたいのかを聞いてくれます。事情があったり営業担当スタッフが忘れてしまったりしているということもたまにはありますが、確認がされなくておかしいと思ったら自分から連絡してみてください。

そうすることで、相手方にも伝えるタイミングを逃すことなくいい雰囲気のまま契約を終了できるでしょう。もちろん早めに伝えられるなら、それに越したことはありません。

最初に伝えなくてはならないのは

最初に更新しないことを伝えなくてはならない相手は、派遣会社の営業担当スタッフです。営業担当スタッフに何も言わずに派遣先企業の上司などに相談してしまうようなことは、マナー違反になるのでやめておきましょう。もちろん会社の同僚であっても契約の話などはしない方が、無難です。

伝え方を知っておこう

更新しない旨は、基本的には営業担当スタッフとは直接会って話をするようにしましょう。顔を合わせて話をすることが重要です。ただし、どうしても顔を合わせることができない場合には、電話で話してください。リアルタイムで直接話をすることができないメールや手紙などは、おすすめできません。

派遣先上司へは伝える?

派遣先の上司へ伝えるのか伝えないのか、気になる人も多いのではないでしょうか。実は別に伝える必要はありません。逆に先に伝えつぃまうと気まずくなることもあり、結局のところ派遣会社の方から伝わるということもあって言わないという人も多くいます。

自分から言ってしまうとその後何となく気まずい雰囲気になってしまうということも懸念されるので、とくに必要がなければあえて言うこともないのではないでしょうか。

更新しない理由

基本的には更新しない理由を伝える義務はありませんが、禁止されているわけでもありません。そのため、聞かれたらよほどでない限りはきちんと伝えるようにしましょう。更新しない理由が知りたいといわれたのであれば、どのように伝えると失敗がないのかをきちんと見ておきましょう。

契約更新ができない円満な理由を考える

トラブルを起こすことなく契約更新をしないようにするのであれば、契約を更新できない円満な理由を考えるのが大切です。変にネガティブになったり派遣先企業を批判したりするような断り方は、今後派遣の仕事をしづらくなる可能性もあるのでやめましょう。

また、嘘をつくのもよくありません。とくにすぐにばれるような嘘をつくくらいなら、正直にやめる理由を話す方がまだ円満にやめることができるでしょう。基本的に理由をあえて話す義務はないですが、聞かれたら応えるためにもきちんとした納得のいく理由を準備しておくことをおすすめします。

退職理由の例を見ておこう

パターン別に退職理由の例を見ておくことで、どの理由に当てはまるのかを考えてみてください。もし当てはまる理由があるのなら、円満に退職できるように理由を考えておく必要があるからです。どのような理由で退職することになるのか、良く見て知っておきましょう。

理由①同じ派遣会社で仕事を続けたい

派遣先の仕事は更新しなくても、派遣会社はやめることなくそのまま続けたい場合には更新しない理由は大切です。安易な理由やとくに意味もなく更新しない場合は、派遣会社としても次の仕事を紹介しづらいでしょう。当然社会人としてのコミュニケーション力や、スキルを疑われることにもなります。

更新しない理由としては、ほかの仕事も経験してみたい・もっと自分のスキルを役立てる仕事にしたい・スキルアップのためにほかの会社の仕事を受けたいなどがあげられます。重要なのは派遣会社の好感度を下げることなく、今後も仕事を紹介したいと思わせるようなポジティブな内容にすることです。

とはいえ理由を考慮して次の仕事先を紹介される可能性もあるため、興味のない仕事を出しにスキルアップなどとは言わない方が無難でしょう。

理由②ほかの派遣会社に切り替えたい

派遣会社自体を切り替えたい、というときもあるでしょう。そういった場合には、トラブルを誘発することのないように誰もが思わずうなずくだろう納得せざるを得ない理由を付けましょう。もちろん嘘はいけませんが、どうしてもという理由を伝えたなら、派遣会社も無理に残れとは言いません。理由としては、引っ越しや親の介護、正社員の仕事が見つかったなどでもいいです。嘘ではなく、かつ引き留めることが難しいようなしっかりした理由を事前に考えておきましょう。

理由③派遣先企業に問題がある

もしもパワハラやセクハラ、サービス残業の強要や契約外の仕事をさせられるなどといった、派遣先企業に問題がある場合にはすべてを余すところなく派遣会社の営業担当スタッフへ伝えましょう。下手に隠してしまうと、次に派遣される派遣社員が困ってしまうので、包み隠さず正直に打ち明けるのがベストです。

更新しない場合のよくある質問

契約を更新しない場合、いくつもの質問が頭に浮かぶのではないでしょうか。そういった場合によくある質問がまとめてあると、わざわざ調べることなく、疑問に対しての回答が得られます。ここでは更新しないことに関するよくある質問に対して回答をまとめてみたので、ぜひ参考にしてみてください。

更新しない場合、派遣先で気まずくなる?

契約を更新しなかったからといって、気まずく思う必要は全くありません。きちんとした理由があるのなら、堂々として最後までしっかりと仕事をしてください。変におどおどして気まずく思うことは、派遣先企業に対しても失礼になるでしょう。

更新しない場合、次の仕事は紹介してもらえる?

契約を更新しなかったからといって次の仕事を紹介しないなどということはありません。断る理由があまりにもあり得ない、社会人としての資質を疑われるというものであるなら別です。しかし、正当な理由があるにもかかわらず、契約を更新しなかったという理由だけで次の仕事を紹介しないなどということないので安心して契約を断ることができるでしょう。

ブラックリストは存在する?

派遣業界に噂されるブラックリストのような者は、実際のところはありません。当然個人情報が筒抜けになるような、派遣会社同士でのデータシェアリングなどもないでしょう。とはいえ派遣会社のスタッフによる、会社内での派遣社員の記録のやり取りやデータの保存などはある可能性はあります。そのため頻繁に契約更新を断る、会社に迷惑や損害を与えるなどといった行為をするスタッフであれば、今後仕事を紹介してもらえなくなる可能性もあります。

更新しないことを撤回できる?

契約を更新しないといっておきながら、やはり更新したいからと撤回することができるかどうかは担当の営業スタッフに確認してみなければわかりません。更新しないことを撤回する場合には、なるべく早く営業担当スタッフに伝えましょう。後任が決まっていない、まだ派遣先企業と話をしていないというようなことがあれば、契約の更新ができるチャンスは残っているでしょう。

派遣会社に引き留められたときにはどうする?

契約を更新しない旨を伝えると、派遣会社に引き留められることもあるでしょう。そのような時はいったいどうすればいいのか、気になる人も多いのではないでしょうか。ここでは派遣会社に引き留められたときの対処法を、詳細まで解説していきます。

対処法①きっぱりと伝える

引き留められたからといって、安易に意見を変えることはしないようにしましょう。もしも更新を迷っているのであればいいかもしれませんが、どうしてもいやであればきっぱりと断ることが大切です。はっきりと更新はできない旨を伝えることで、担当の営業スタッフも無理に引き留めようとはしないでしょう。

対処法②無理な条件を提示してみる

条件に不満が募って派遣先を変わりたいという人であれば、営業担当スタッフが引き留めてきたときに少し無理な条件を提示してみるといいでしょう。例えば時給を今の倍にしてほしい、仕事を今の半分に減らしてほしいけど時給は変えないでほしい、などです。

対処法③営業担当の上司に相談してみる

どうしても営業担当スタッフが引き留めてくるのであれば、営業担当スタッフの上司に相談してみるのも一つの手段です。上司にきちんと話をすることで、営業担当スタッフもあきらめてくれるでしょう。

失業保険をもらう時の注意点

派遣社員が失業保険をもらうためには、どのような注意点があるのでしょうか。実は契約の更新をしないで派遣会社を辞める場合であっても、失業保険をもらえる場合があります。どのような点に注意するべきなのかを、きちんと把握しておきましょう。

受給条件を確認しよう

最も大切なことは、失業保険の受給条件の確認合です。受給条件を満たしていることで、失業保険を受け取ることができるからです。もしも受給条件を満たしていない場合には、当然受け取ることはできないので注意が必要です。

基本的には過去1年間で失業保険に6か月以上雇用保険を支払っていることです。ただし自己都合で退職する場合には、過去2年以内に雇用保険を12ヶ月加入している必要があります。

退職理由は自己都合か会社都合かを確認しておく

退職理由が自己都合であるのか会社都合であるのかによって、失業保険がいつもらえるのかがわかります。自己都合とは、自分自身の都合により契約の期間が終了後更新もなく派遣会社を退職することです。

会社都合というのは、働く意思はあっても派遣先の紹介がない場合や紹介された派遣先に合意できない場合などが考えられます。もしも派遣先に合意できない正当な理由があるのなら、その旨をきちんと伝えてください。退職前には自己都合か会社都合かを確認しておくと、その後の手続きがスムーズにできるでしょう。

まとめ

派遣社員として働くときには、契約の更新をしたくない時もあるでしょう。しかし更新しなくてもいいのかどうかは、とても気になるところです。更新しなくても不都合はないのか、理由はどうやって、だれに言うべきなのかなどきちんと理解しておくことで、不本意な仕事は断ることもできるでしょう。

契約更新をしたくない時ははっきりと断り、派遣の仕事の強みを活かして仕事をするようにしましょう。

▼関連記事
派遣会社をお探しの方は、「【2021年版】派遣会社おすすめランキング!選び方や登録の流れも徹底解説!」で詳細に解説していますので、ぜひそちらも参考にしてください!